iphoneXと8の違い

本記事ではiphoneXとiphone8の違いについてご説明します。
一見してわかるのは、やはりXではじめて採用された全画面ディスプレイで、まったく新しいデザインとなっています。しかしだからと言って8よりもデザイン的に劣っているというわけではなく、8もガラスから生まれたまったく新しいデザインとなっており、こちらも好みによっては選ぶ際のプラスポイントとなるところです。
機能面では、Xでは従来の指紋認証の代わりとして顔認証(Face ID)が採用されたのが話題になりましたね。みなさんの顔自体がパスワードとなって、認証やロック解除、支払いに至るまで安全にできます。容姿の身体的変化にも対応できるため、安心です。ですがホームボタンがなくなって指紋認証は使えなくなってしまったため、「指紋認証に慣れてしまった」であるとか、「顔を隠した状態や満員電車でも認証解除を楽にしたい!」と言った方は8を選ぶべきだと言えます。
また、バッテリーの持続時間も8に比べてXの方が長くなっています。連続通話時間にして、8が最大14時間であるのに対し、Xは最大21時間と、1.5倍ほど長持ちです。やはりスマートフォンを選ぶうえでバッテリーの持ちは重要ですから、その点ではXに軍配が上がります。
iphoneで写真を撮るすべての方は、Xのカメラ性能をチェックするべきです。8は、iphone7とほぼ同じカメラを搭載していました。こちらもTrue Toneテクノロジーを駆使して周囲の光量などに合わせてより目で見た光景に近い写真を撮ることができる点で非常に良いカメラでしたが、Xはさらに2つのバックカメラを搭載しているほか、薄暗い場所でも明るくはっきりとした写真を撮ることができ、またTrueDepthカメラで表情の精緻な認識が可能で、みなさんの表情をSNSなどでも話題になったアニ文字に変換することができます。
全画面の操作性になれるのに時間がかかるため、従来の機種と同じ操作感で今すぐ使いたいという人は、8を選ぶべきでしょう。しかしiphoneXは記念すべき10周年モデルですから、多少割高でも入手する価値があると言えますね。